Ukulele Rock!

スーパーウクレレプレイヤーJake Shimabukuroとウクレレにハマった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

2005.10.27 QUEEN + PAUL RODGERS in さいたまスーパーアリーナ

ウクレレとは関係ないけど行ってきましたQUEEN + PAUL RODGERS!

QUEENを生で見るのは初めて。いわゆる全盛期というものは知らない。フレディがちょうどソロ活動を始めた頃にラジオで「I was born to love you」を聴いてその歌声に惚れ、何年か後に「Bohemian Rhapsody」を聴いてぶったまげた。でもその頃はすでにフレディは亡くなってしまっていて、もうQUEENのライブなんて見ることはできないんだろうなぁと思っていたので今回は絶対に行きたかった。

オープニング直前に「It's a beautiful day」が流れ、まるでフレディが天国から会場に舞い降りてきた気がした。そして「Reaching Out」から熱いステージの始まり。いや~、圧巻!まさに王者という言葉がピッタリの迫力。オヤジ達すごいよ!ポール・ロジャースって名前ぐらいしか知らなかったけど(スミマセン)めちゃくちゃかっこいい!(ちょっとお腹出てるけど)

ポールはフレディの真似をしていないところが素晴らしいと思う。フレディと似たように歌うことが出来る人はきっといるだろうけど、それはやっぱりフレディではないし、彼になることは出来ないし適うはすがない。ポールは彼オリジナルの歌い方をしている。それがQUEENの音楽と合体して新しいものになっていた。だからきっと昔からのファンにも受け入れられたんだろう。(もちろん受け入れられないファンもいるだろうが)

決して見ることが出来ないと思っていたQUEENのライブをポール・ロジャースという人のおかげで体験することが出来て本当に嬉しかった。

全アルバムを聴いていたわけではないので中には知らない曲もあり、もちろんポールの曲も知らないので一緒に口ずさめなくてちょっと悔しい。ステージ構成は工夫されていてブライアン・メイがギター1本で歌う感動的なコーナーやロジャー・テイラーのドラムソロコーナーなどを織り交ぜながら飽きさせない作りになっていたと思う。(知らなかったけどジョン・ディーコンってやめちゃったのね)

ただやっぱり見ていて「あぁ、フレディがここにいてくれたら…」という気持ちが沸き上がってくるのは否めなかった。「Bohemian Rhapsody」ではスクリーンにフレディが映し出された。そこだけを見ているとまるでフレディが蘇ったんじゃないかと思ってしまう。でもステージを見ると彼はいない。改めて哀しさとせつなさを感じてしまった。

だが途中からボーカルがポールに変わり、そこから新しいQUEENに引き継がれていくという流れも素晴らしかった。フレディは戻らないけれど彼の魂はここにあり永遠に歌い継がれていく。音楽の素晴らしさを感じさせてくれた瞬間だった。

それにしても会場の熱気はすごかったー。2階席だったのでいまいちノリきれなかったけど特にアリーナ後方はめちゃくちゃ盛り上がっていたような気がする。お客さんの年代も結構幅広く、私の隣は白髪頭の御夫妻だったし、きっとキムタクドラマでファンになった若い人もいただろう。時代を超えて愛される音楽。かっこいい~!

QUEEN + PAUL RODGERS
2005.10.27 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

Reaching Out
Tie Your Mother Down
Fat Bottomed Girls
Another One Bites The Dust
Fire & Water
Crazy Little Thing Called Love
Say Its Not True
Love Of My Life
Teo Torriate
Hammer To Fall
Feel Like Making Love
Drum Solo
I’m In Love With My Car
Guitar Solo
Last Horizon
These Are The Days Of Our Lives
Radio Ga Ga
Can’t Get Enough
A Kind Of Magic
Wishing Well
I Want It All
Bohemian Rhapsody
---
I Was Born To Love You
The Show Must Go On
All Right Now
We Will Rock You
We Are The Champions

http://www.queenpluspaulrodgers.com/より

Liveレポ | CM(0) | TB(1) 2005.10.29(Sat) 01:45

2005.10.22 ブルース・シマブクロ・バンド at 新宿

bsb01.jpgThe BS Band (Bruce Shimabukuro, Gary Akiona, Jody Kamisato)初のアルバム「incognito」の発売を記念して行われたライブ&ワークショップのツアー。新宿で行われたワークショップ&ミニライブに参加した。ブルースは顔もそうだけど声もジェイクとよく似ている。兄弟だからねー。でもブルースの方がお兄ちゃんっぽい。

bsb02.jpg前半はワークショップ。まずはウクレレの持ち方から始まって弦とフレットの説明。続いてアルバムの中の「Misty Rain」という曲を教えてくれた。優しくちょっと大人っぽいミディアムテンポの曲。メロディーとしてはそれほど複雑なものではないけれど指使いがちょっと難しかった。ブルースは途中で何回も「質問アリマスカ?」と聞いてくれたけど弾くのに必死で質問どころじゃなかったよ~。ただ弾くだけならなんとか出来たとしても、当然ブルースのように細かい技を入れた味のある弾き方は出来ない。曲の後半はよくわからなかったけど家でCD聴きながら練習しよっと。ブルースも「後はCDを聴きながら練習してください。」と何度も宣伝してたし(笑)

bsb03.jpg後半はアルバムの中から数曲と新しく発売されるというジョディーのウクレレDVDに入っている(?)彼の歌入りの曲を披露してくれた。このDVD欲しいなぁ。The BS Band、雰囲気がとってもいい感じ。3人ともリラックスして音楽を楽しんでいるという感じが伝わってくる。ジェイクとはまたひと味違った素敵な曲たちだった。ハナホウの「テキーラ」の後はCDを買った人にサイン&握手などをしてくれて終了。

それにしてもブルース、顔ちっちゃいよー。一緒に撮ってもらった写真、ワタシの顔のデカさが目立つんですけど・・・(汗)でも一生懸命教えてくれてありがとう♪The BS Bandのファンにもなっちゃった。

bsb04.jpgJodyの歌も素敵でした。

Liveレポ | CM(2) | TB(0) 2005.10.22(Sat) 22:46

2005.09.03 ジェイク・シマブクロ in 日比谷野外音楽堂

夏の終わりの野外ライブにふさわしい天気。昼間はまだ日差しが強く暑かったけれど、太陽が沈むと少し涼しくなってきた。初のジェイクライブ、どんな風に始まるのかなぁ~と思っていたら、ふらっとジェイク登場!Tシャツにジーンズというラフなスタイル。普段着?(笑)
1曲目は「Toastmaker's Revenge 」いやー、生ジェイクはやっぱりかっこいい!あの動きがいいんだなー。全身で弾いてるって感じ。MCでは人柄の良さがにじみ出てくるような楽しいおしゃべり。私でも理解できるわかりやすい英語に所々日本語を交えてくれているのでよくわかる。ジェイクは「超」がお気に入りなのか。公式サイトのBBSにもよく「CHO-」が登場する。 DRAGON TOURは素晴らしい経験だったけれど今日が最後でちょー寂しい、と言っていた。

この後、アコースフィアとDEPAPEPEの2グループが3曲ぐらいずつ演奏。DEPAPEPEは関西出身ということでトークはさすが。もちろん演奏もさわやかだった。

途中でジェイクが出てきて彼らを紹介したりしていたのだけれど、まるで司会者のようで笑ってしまった。ジェイクのライブなのに。なんかかわいい。

そしていよいよ本編の始まり。「Shake It Up! 」で前列のお客さんは立ち上がっていたけれど、後ろの方の私は立てずじまい。だって誰も立たないんだもん。今までは最初から総立ち系のライブに行くことが多かったのでちょっと欲求不満。むずむずするから2曲目で立っちゃった。でも後ろの人に迷惑だと思い、3曲目からは座ることにする。

最新アルバム「DRAGON」からの演奏が続く。激しさと繊細さが混在した右手の動きに驚嘆。右手の動きが速すぎて見えない。すごいよー!

ライブ中ちょっと気になったのは照明。黒(濃紺?)のTシャツはかっこよかったけど、座って演奏している時に照明がちゃんと当たっていないので黒っぽくてよく見えなかった。あんまりライト当てると暑くて大変だからしょうがないのかな。

バンドの人達と一緒でとても楽しそうなジェイク。ウクレレがぴったり身体に貼り付いていて、この人は本当にウクレレ大好きなんだなぁ~と思わせる。

アンコールではゲスト2組と一緒にイーグルスの「ホテルカリフォルニア」を演奏。ギター4本とウクレレ1本の「ホテルカリフォルニア」は超かっこよかった。
そしてラストはお待ちかね「Crazy G」もちろん「faster!!」叫びましたとも。どうやって動かしてるんだ?ってぐらい速かった。
一緒に行ったRはジェイクのすごさに「人間じゃない!」と驚いていた。

あっという間に終わってしまい、まだまだ足りなかった。もっと見たい!また聴きたい!ジェイク、また来てね~!

当日の様子や画像はRock番長皿屋敷日記で。

DRAGON TOUR 2005
09.03 東京・日比谷野外音楽堂セットリスト


(オープニング)
Toastmaker's Revenge

Shake It Up!
Circle of Friends
Toastmanland
WES ON 4
Touch
Dragon
3rd Stream
ME & SHIRLEY
GENTLY WEEPS
WITH U ALWAYS

(アンコール)
BLUE ROSES FALLING
CROSSCURRENT
HOTEL CALIFORNIA(with Acousphere & DEPAPEPE)
CRAZY G

Rock番長皿屋敷日記より

Liveレポ | CM(0) | TB(3) 2005.09.05(Mon) 23:30

<< BACK
copyright © Ukulele Rock! all rights reserved. Photoby NATURE+0

プロフィール

yuri

Author:yuri

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。